スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン屋の勘違いぷりは異常

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 07:30:13.06 ID:Dx+2LtZxi
まず値段
ラーメン一杯に700円とか800円て高すぎ
そして接客態度
全部が全部とは言わんけど接客態度悪いもしくは気を使わない店が多すぎ

おまけに食べ終わったあと、客にテーブル拭かせたり、カウンターの上に載せろとか

極めつけはラーメン業界は特別みたいな勘違いぷり

舐めてんの?

スポンサーサイト

【飲食】ラーメン店店主「油そばは超儲かる。原価は安いし。頼む奴は味オンチのバカ」

1: コーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/11/26(火) 08:21:14.41 ID:???0
 
最近ではすっかり定着した、汁なしラーメンとも言える食べ物「油そば」。
専門店を見かける機会も増えたし、メニューに加える店も増えた。筆者も
好きでちょくちょく食べている。しかし、あるラーメン屋の店主は、あんなもの食べるやつはバカだと指摘する。

「油そばは600円程度で出している店が多い。同じ値段で普通もりと大盛りを選べ、
一見お得に見えるんですが、そんなことはないですよ。だってラーメンは
スープに原価がかかるんですから、スープをなくしてその値段は、ちょっと高い」(ラーメン屋店主)

この店主の推察によれば、油そばの原価は100円程度。麺が50円程度、
ネギ、チャーシュー、ナルトなど合わせて40円、タレで10円程度という内訳だ。
普通盛りで頼めば、原価は16.7%という数字になる。外食産業においては
30~35%の原価が目安と言われているから、店にとっては“美味しい料理”だ。

「うちのラーメンなんかはスープに100円程度原価がかかってしまうからねえ。
うちでも油そばを出そうとは思っています(苦笑)。大体油そばなんていうのは、
そこにアホみたいに調味料をぶっかけて食う。いかにも味オンチの客が食べるメニュー。
店が儲けるために作って、バカが食べるという、救いがない料理なんですよね」(同前)

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20131123/Mogumogunews_311.html

※ちなみに「ちゃんと油そばに原価をかけている良心的な店もある」とのことです。
原価をかけるのがいいことかもわからないですけどね。

【ラーメン】「二郎インスパイア系」←何?パクってるって事なの

1: リバースネックブリーカー(庭) 2013/11/25(月) 08:31:09.90 ID:REv3blez0 BE:2064432948-PLT(12000) ポイント特典
no title

no title


 「二郎インスパイア系」として知られる同店。豚骨しょうゆをベースとした
看板メニューのラーメン(650円)が、麺が通常でも約2玉分の300グラムと
ボリュームのあるものになっており、店内にある食券の券売機には「他店
の大盛り以上ある」と注意を呼び掛けるほど。

みん経
http://hachioji.keizai.biz/headline/1512/

参考インスパイア
no title

no title

no title

ttp://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/7338

日本がボジョレーを救った?

1: トペ スイシーダ(兵庫県) 2013/11/24(日) 09:33:04.25 ID:nxIB4F1O0 BE:1385361465-PLT(12001) ポイント特典
今年もボジョレー・ヌーボーが解禁された。ボジョレー・ワイン委員会によれば、
日本は昨年880万本のボジョレー・ヌーボーを輸入し、2位アメリカ(220万本)、
3位ドイツ(72万本)、4位ベルギー(49万本)を圧倒的に引き離してトップだった。

一方、本国フランスでは、ボジョレー地区のワインは日常酒としてのイメージが強く、
いくらかの付加価値を払ってまで飲む種類のワインとは思われていない。
過熱気味な日本でのボジョレー・ヌーボーの取り上げ方を、フランスはどう捉えているのか。

 ボジョレー地区の生産者にとって、日本はうれしい存在だ。
ラブレ・ロワ社のティボー・ガラン副社長は、仏フィガロ紙で「日本人はボジョレー・ヌーボーを
好んで開けてくれる。しかめ面などせず価値を認めてくれて、満足してくれる」と喜ぶ。
生産者にとって自分たちが造ったお酒をおいしく飲んでくれる日本は、作り手冥利に尽きるのだ。

 もちろんビジネス面でも日本は重要な相手であることに間違いはない。
ボジョレー・ワイン委員会でマーケティング広報を担当するアントニー・コレット氏も、
「輸出されるボジョレー産ワインの7割は新酒(ヌーボー)で、日本の場合それが9割に上る。
日本はアジアでもっとも成熟した市場だ」と、日本の重要性を仏ニュースサイト「ル・ドーフィンヌ」で語っている。

 箱根小涌園にあるスパ施設「ユネッサン」。ここで8年前から続く「ボジョレー・ヌーボー風呂」は、
日本での人気を象徴する光景として、毎年仏メディアに取り上げられる。

http://newsphere.jp/entertainment/20131123-2/

「ピ ザ ポ テ ト」 外国人が忘れられない日本のコンビニ食品

pizapotato.jpg
1: ミドルキック(茸) 2013/11/21(木) 21:26:02.32 ID:+R8IZnaa0 BE:1548324364-PLT(12000) ポイント特典
 
アノ味が忘れられない! 日本が恋しい!! 外国人が選んだもう1度食べたいジャパニーズ・コンビニ食31選

日本にかつて来日し、口にしたコンビニ食が忘れられない。叶うならもう1度、アノ味を体感したい……!
そう切に願う外国人が一定数いることは、事実のよう。というわけで本日みなさまにご紹介するのは、
外国人が選んだ「もう1度食べたいジャパニーズ・コンビニ食」31選です。

海外サイト『BuzzFeed』に掲載されていたコンビニ食は、日本に暮らす我々日本人にとって、
どれもなじみのあるものばかり。それでは早速、そのラインナップをみていくことにいたしましょう!

1位 ピザポテト
2位 じゃがりこ
3位 やきそばパン
4位 きのこの山
5位 メルティーキッス
6位 チェルシー
7位 ハイチュウ
8位 ガリガリ君
9位 ベビースターラーメン
10位 ペットボトルの緑茶

(以下略)

http://youpouch.com/2013/11/21/143622/

NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。