スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカー/ブラジルW杯】お尻がむずがゆいような感覚に襲われる…「日本が入ると“死の組”」の強豪国評価(日刊ゲンダイ)

1: 大梃子φ ★ 2013/11/27(水) 11:03:40.23 ID:???0
 あまりにも過分なお褒めをいただき、お尻がむずがゆいような感覚に襲われ、
どうにもこうにも落ち着かない――。これが日本のサッカー関係者の偽らざる本音だろう。
 W杯出場32カ国が決まり、来月6日に開催地ブラジルで1次リーグの組み合わせ抽選会
(日本時間7日午前1時開始)が行われる。そこで「日本の入った組が《死の組》と呼ばれる」
と強豪国のサッカー関係者が口をそろえる。日本は強豪国のひとつに数えられている
というワケなのだ。
 抽選方法は「開催国ブラジルと世界ランク上位7カ国」が第1ポットに入り、
「アジアと北中米カリブ海の各4カ国」が第2ポットに、「アフリカ5カ国に南米2カ国」が
第3ポットに、そして「欧州」が第4ポットに入る。注目は「世界ランク欧州最下位」の
フランスだ。第3ポットに入ることが想定され、そうなると第1ポット・ブラジル、
第3ポット・フランス、第4ポット・イタリアのW杯優勝国が呉越同舟の可能性も出てくる。
「残りの第2ポットからアジアの韓国、北中米カリブ海の米国やメキシコといった実力国が
入ることで《死の組》と呼ばれるのが常だった。ところが、欧州・南米トップ国が
日本を手ごわいと高評価。日本の入った組が《死の組と呼ばれるだろう》と話している」
(サッカー記者)
 確かに日本は先の欧州遠征で前回W杯準優勝のオランダ相手に互角の戦いを演じ、
0―2からドローに持ち込む粘りを見せた。続くベルギー戦では3―2の完勝劇。
W杯本大会の台風の目と言われているベルギーを叩きのめした。要警戒国の仲間入り
くらいは果たしたと言ってもいいだろう。
 しかし、である。10月にはセルビア、ベラルーシとW杯欧州予選敗退国相手に
連続完封負けを喫し、6月のコンフェデ杯も3連敗で開催地ブラジルから
スゴスゴと背中を丸めて帰国した。まだまだ世界の列強と肩を並べているとは
決して言い切れないのだ。
 それなのに「日本が入ると死の組」と持ち上げてくれる。うれしくないワケではないが、
やはり妙に落ち着かなくてモゾモゾとしてしまう――。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131127-00000016-nkgendai-socc
16日のオランダ戦の失点シーン
no title

スポンサーサイト

W杯出場32か国が出そろう 最後の枠はあの古豪に決まる!

1370388047.jpg
1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/11/21(木) 10:30:05.97 ID:???0
最後の枠はウルグアイ W杯出場国出そろう
GOAL 11月21日(木)10時0分配信

 20日に行われたワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ・セカンドレグで、
ウルグアイはヨルダンをホームに迎えて0ー0で試合を終え、
2試合合計5ー0でウルグアイが本大会出場を決めた。

 敵地でのファーストレグで5ー0と圧勝したウルグアイは、
ホームでも当然ながら本気のメンバーで戦う。

 ファーストレグの大差が影響し、それほど激しさはないものの、
やはり主導権を握ったのはウルグアイだった。
ヨルダンは傷口を広げないことが精一杯なのか、
リスクを冒して前へ急ぐようなことはなく、ペースの上がらない前半だった。

 前半の終盤は、ウルグアイにチャンスが続く。
44分にはセットプレーからゴディンがゴール前で
ヘディングシュートを放ったが、クロスバーに嫌われた。

 後半の序盤もウルグアイがたたみ掛けたが、
W杯行きを決める祝砲は入らない。
ヨルダンはセカンドレグで負けない戦い方で追い上げる気配はなく、
ウルグアイはゴールを狙いながらタイムアップの瞬間を待った。

 結局、試合は0ー0で終了。ファーストレグに力の差を見せつけた
ウルグアイが、32カ国目のW杯出場国になった。

Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000002-goal-socc

FIFAワールドカップ ブラジル2014 大陸間プレーオフ 2ndレグ
※ かっこ内のスコアは1stレグのスコア ☆は本大会出場国

 ☆ウルグアイ 0-0(5-0) ヨルダン  [モンテビデオ]
◇ ウルグアイは2大会連続12回目の出場

http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/matchcast/index.html?matchid=300260871

【サッカー】ベルギーメディア「創造性のある日本が赤い悪魔を痛めつけた」「これぞバルセロナのフットボール」

FTBST301.jpg
1: 五十京φ ★ 2013/11/20(水) 12:06:16.36 ID:???0

日本が敵地でベルギーを3-2で倒した。戦前、ヴィルモッツ監督は「日本にたくさんのスペースを与えてはいけない。
我々はW杯予選の試合のように、日本のことをよく研究した」と語っていたが、日本のパスサッカーに対応しきれなかった。
センターバックのファン・ブイテンはプラン通りに試合が進まなかったことを認めた。

「各ポジションの間で大きなスペースが広がってしまった。
日本の選手のように良いフットボールが出来る選手たちに対し、そんなにスペースを与えると大きな代償を払うことになる」

スポーツ専門ウェブサイトの『スポルツァ』は「創造性のある日本がベルギーを倒す。本田圭佑とその仲間たちは
ショート・コンビネーションのサッカーで“赤い悪魔”(ベルギー代表のニックネーム)を痛めつけた」と報じた。

本田、香川を中心に繰り広げる日本のパスサッカーはベルギー人たちに深い印象を残した。
とりわけ63分、岡崎が3-1とするゴールを決めたとき、ラジオの実況は「これぞ、バルセロナのフットボール」と叫んだという。
「日本はフィジカルが非常に強く、スピードがある。それに対して、我々は苦労した」とは、試合後のヴィルモッツ監督のコメントだ。

左SBを務めたフェルトンゲンは「僕は日本のことをよく知らなかったけど、まさかこんな良いサッカーをするとは。本当に驚いた」
と振り返った。コロンビアに0-2と完封負けを喫していたベルギーは、これで11月の2試合を連敗で終えた。
ヘット・ニーウスブラット紙は「W杯予選で成功を収めたベルギー代表の2013年は、沈んだ気分で終わった。
トップクラスのコロンビア、そしてFIFAランキング44位に過ぎない日本に、ベルギーは敗れてしまったのだ」と報じた。
>>2あたりに続く)

THE PAGE (文責・中田徹/欧州在住ライター) 11月20日(水)11時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000001-wordleafs-socc

関連スレッド
サッカー】欧州遠征 日本、ベルギーに3-2逆転勝利! 柿谷同点ヘッド、本田右足に岡崎 敵地で世界ランク5位に勝ち切る★11
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384914881/


日本VSオランダ オランダ人の採点はこうなった!

1: 風吹けば名無し 2013/11/17(日) 01:16:34.98 ID:FNgxyrnQ
no title

お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。