スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが1円や2円安いからって安売りガソリンスタンドに列作って並んでるバカって何なの?w

self3.jpg
1: 名無し募集中。。。 2013/11/19(火) 19:13:21.03 0

待ってる時間のアイドリングでガソリン消費したら
ちっとも得じゃないだろw


スポンサーサイト

高い?安い?ポルシェの維持費

a0210415_182531100.jpg
1: ランサルセ(千葉県) 2013/11/17(日) 09:01:09.40 ID:nnRhmxMd0 BE:144418324-PLT(12001) ポイント特典

4年前の今日11月14日、ポル君がボクのところにやってきました。

それからの4年間は、本当に充実した良い日々を過ごせています。一緒に一喜一憂する友というより伴。明日への心の糧でもあります。

さて、公のブログにお金の事を書くのは下品なことだと思っていますが、ボクのような普通のサラリーマンがポルシェを維持するには、しっかりと現実を見据え、分をわきまえる必要があると思っています。
そういう意味で毎年の維持費を公開しています。

4年目の維持費:119万2,600円也(^^;

 自動税: 73,100.-
 任意保険: 47,880.-
 駐場代:328,250.-
 整備費○:171,590.-
 内外装○: 12,600.-
 検時(諸費用込み):185,250.-
 タイヤ代 : 143,850.-
 ガソリン : 221,087.-
 計    :1,192,607.-

走行距離:12,196km  
平均燃費:8.87km/㍑

ちなみに1年目が196万、2年目が145万、3年目が72万。
一旦落ち着いたと思った維持費も、検、タイヤ、エンジンのクーリングファンの交換で大きく3年目を上回りました。オイル交換は3回です。

5年目は、既に内装の修理の必要を発見してしまいましたし、エアコンや足回りなど大物もそろそろ寿命を迎えるでしょう。
走ればキズや故障も出てくるでしょう。
そういうことにきちんと対応しつつ、ポル君と楽しく5年目を駆け抜けたいと思います。

http://minkara.carview.co.jp/userid/920383/blog/31634414/


軽自動車増税大反対!!

0000001441.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 18:10:00.59 ID:G/N3PyYw0

なぜ上げるの!おかしいよ!


乗り捨て覚悟で19万の中古車買ったんだけどやべーなこれ

top_photo
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/08(金) 12:09:39.10 ID:vryvHRWu0

今回3回目の車検出したんだけど今電話きて特に異常は無いらしい
日頃の整備どころかオイル交換も車検ごとにしかしてないのに
日本車すげー


深夜のドライブの楽しさは異常。高速のPAでコーヒー、知らない山道、寝静まった田舎町・・・

p1

1: フランケンシュタイナー(catv?) 2013/11/06(水) 00:00:16.52 ID:KB+4+23r0 BE:2140920465-PLT(12001) ポイント特典

――深夜テンションはなぜ起きるのでしょうか?
原因は、はっきり分かっています。深夜になると脳機能が低下することが原因なのです。
人間の脳について、ものすごく大ざっぱに説明しますと、脳の奥深い場所にある大脳辺縁系という部分が
原始的・本能的な感情を生み出していて、それを、ちょうど額辺りにある前頭前皮質という部分が制御しており、
そのバランスによって人間の行動や思考が決まっているわけです。人間を人間たらしめている「理性の中枢」とも
いえる前頭前皮質は、朝起きてから機能が高まり、午前10時くらいにピークになるといわれています。午後になると、
どんどん機能は低下して、深夜になるとかなり機能は落ちてしまうのです。ですからシーソーのように、
前頭前皮質の機能が低下すると、相対的に大脳辺縁系のウエートが高まることになり、深夜に理性が
失われた行動をとってしまう、ということになるのです。

――深夜になると、本能を制御する脳機能が低下してしまうのですね......。
夜遅くなればばなるほど脳の機能は低下していくのですが、実は低下する順番は決まっています。
大ざっぱに言いますと、進化の遅い順から機能低下が始まるのです。理性の中枢である前頭前皮質が
大幅に進化したのは、200万年前から20万年前くらいの間。人間に進化して初めて発達した部分ですから、
真っ先に機能が低下してしまうわけです。哺乳類に進化して発達をした大脳辺縁系は、
少なくとも2億2000万年前には獲得していたと考えられています。こちらのほうがはるかに古く原始的なので、
機能低下はずっと後になるということです。この順番は、老化についても同じことが言え、前頭前皮質は老化に
伴って最も早く機能低下が起きる部分でもあります。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw825556



NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。