スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】サイクリングコースで自転車から投げ出され男性死亡 - 神奈川

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/11/25(月) 07:00:09.41 ID:???0 BE:1200223875-PLT(12557)

神奈川・開成町のサイクリングコースで、自転車が路面のでこぼこに引っかかり、
乗っていた男性が投げ出されて死亡した。
23日、開成町のサイクリングコースで、走行中の自転車が路面のでこぼこに引っかかり、
乗っていた会社員・斎藤隆司さん(51)が数メートル投げ出された。
斎藤さんは、搬送先の病院で、24日朝に死亡した。

*+*+ FNN +*+*
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258447.html


スポンサーサイト

三大危険自転車:スマホ自転車、ライト点滅自転車…もう一つは?

20110912cycle02_cs1e1_600x.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 00:22:43.52 ID:FUuHhH4f0

歩道飛ばしまくり自転車


ロードバイク始めたいんだけど

gion_bsr-70.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 19:07:51.36 ID:O8SOOqsC0

初心者にオススメ教えてほいほい
ちな候補は予算的にもディファコン2あたりでござる


昔の自転車はなぜ20年も使えたのか

0ebb82a2.jpg
1: TEKKAMAKI(愛知県) 2013/11/14(木) 08:49:22.09 ID:radyP8RR0 BE:398880735-PLT(12071) ポイント特典
昔の自転車はなぜ20年も使えたのか

買ったばかりの自転車が、どうにも不具合続きで、販売店に何度もみてもらい、手を加えてもらった挙句、改善しないことから、返品交換となった。

比較的お手頃だったが、激安というわけではない。日本製ではないものの、日本のメーカーのものだ。
思えば、自分がいま乗っているママチャリも、購入から10年近く経つとはいえ、ペダルがカタカタ鳴ったり、ボディがゆがんだりしている。
そもそも「軽量タイプ」に惹かれて買ったは良いが、前方が軽すぎて後方が振り回されてしまう感があり、乗り心地はいまひとつである。

以前「自転車の耐用年数が2年ってホント?」という記事を書いたが、実家では20年以上前の姉の自転車がまだまだ「現役」として
快適に乗れていることを考えると、ちょっと不甲斐ない気もする。
自転車の耐用年数は、「置き場所」や乗り方、タイヤ・チェーンのメンテナンスなどで大きく異なるという話だが、よく考えてみると、
実家の20年モノの自転車なんて、屋根の下にはあるものの、空気を入れる以外のメンテナンスをしたことなんてほとんどない。

これって結局、どういう違いなのか。都内のチェーンの自転車屋さんに聞いてみたところ、こんな回答があった。
「昔の自転車はやっぱりよくできていましたから、つくりが違いますよね。日本の自転車を輸出していた時代のものは、
それこそ20年とか使えるものがたくさんありました。でも、今は輸出でなく、輸入が多いですからね」
やっぱり日本のメーカーのもので、なおかつ「日本製」でないとダメってことか。
「実はいま、日本のメーカーでも、『全部が日本製』という自転車はほとんどないんですよ。日本のメーカーで『日本製』のものは、
ボディなどの主要部分は日本製ですが、小さな部品などはたいてい中国製になっているんです。また、中国製も、工場によって
良いものとそうでないものの差がかなりありますからね」

安全で不具合の出にくいものを探すには、結局「値段」次第だそうで、3万円以上が目安だと言う。

>>2以降に続く)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1383666050641.html

【速報】自転車で「逆走」 ついに罰則 3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金  歩道走行は既に罰則

9189
1: サソリ固め(東京都) 2013/11/10(日) 18:58:55.96 ID:tP6FkRuL0 BE:387081432-PLT(12000) ポイント特典

自転車は僕らにとって身近な乗り物。毎日の通勤に活用している人も多いはず。
だが、遅くとも年内に施行される道路交通法の改正によって、その交通ルールが一部変わることになった。

なかでも大きなポイントが、「自転車が通行できる路側帯を道路左側のみとし、違反すると3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」という点だ。かねてから車道の右側を“逆走”する自転車の危険性は問題視されていたが、
ついに違法化された形だ。これについて、老舗の自転車専門誌『サイクルスポーツ』編集長の岩田淳雄氏はこう語る。

「そもそも危険な逆走が街中にあふれていたのは、ルールに穴があったから。従来の道交法では、一部の路側帯は
『自転車の対面通行可』となっていたんです。つまり“逆走が違反の道”と“合法の道”が混在していた。のどかな田舎の道はともかく、交通量の多い都市部での逆走は非常に危ないので、新しいルールはわりと早く
浸透するでしょう。個人的には、厳罰で取り締まるべきというよりも、『安全に走るためには左側を通行するべきだ』と運転者自身が自然と意識できるようなルールの周知が重要だと感じます」

自転車乗りとして気になるのは、この新ルールがどこまで厳密に適用されるのか? という点だ。そこで
警察庁広報課に問い合わせたが、「取り締まり方法については、現状と同じく個々の事例での判断となります。
悪質な違反は事件扱いとして赤切符を切ることもありますが、それも従来通りです」とぼかした回答だった。

なお、今回の改正で「危険な運転を繰り返す自転車運転者に講習を実施し、受講しなければ罰金5万円」という
新ルールも適用される(2年以内に施行予定)。

自分の身を守るためにも、財布の中身を守るためにも、自転車のルール意識をますます高めていきたい。(呉 琢磨)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131110-00000005-rnijugo-pol

★既に歩道でも罰則
3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/five_rule01.htm


NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。