スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の平均年収わろた

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24(日) 21:06:22.19 ID:VPSMOLxK0
400万
エリートVIPPERはもちろん1000万以上はあるよね?
ちなみに俺は103万

スポンサーサイト

県庁所在地ランキング完全版ができたんだけど

PER_001.jpg
1: 風吹けば名無し 2013/11/23(土) 22:32:02.17 ID:ZC6fXfx2

不毛な争いはこれでお終いにしような


【脳テスト】 30秒でお前らの向いてる職種がわかるぞーwwwwwwwwwwww

image2.jpg
1: ショルダーアームブリーカー(岡山県) 2013/11/22(金) 20:15:26.48 ID:RJ5waD4i0 BE:2790230584-PLT(12030) ポイント特典
【脳テスト】30秒でお前らの向いてる職種がわかるぞーwwwww

▼簡単30秒!あなたはどっち?

あなたは右脳派? 左脳派? テストしてみましょう!
http://ja.sommer-sommer.com/%E8%B3%E3%86%E3%B9%E3%88/

▼テスト結果からわかる「向いている職種」

「左脳発達人間」 ・・・ 対物的職業、技術系、理論的展開が求められる職種

「左右バランス型」 ・・・ バランス良く優れている者は管理職向き

「右脳発達人間」 ・・・ 対人間的職業、文科系、センスが求められる職種

http://matome.naver.jp/odai/2138502632806158001

日本人は世界一臆病な民族であることが判明 武士道(笑) 大和魂(爆笑)

1: フェイスクラッシャー(群馬県) 2013/11/23(土) 00:15:35.98 ID:J8g8y/AD0 BE:162303326-BRZ(10002) ポイント特典
http://netouyo-db.tumblr.com/post/66969029880/97
no title


日本人の97%が不安を感じ易い「臆病」な遺伝子を持っている。
恐怖遺伝子を持っている割合が高い東アジア人でも平均が90%くらいだから
日本人より臆病な民族は他に存在しないだろう。

アメリカの場合は心配性タイプと殆ど恐怖を感じないタイプと
その中間層が丁度3等分くらいに別れててバランスが良い。
97%が臆病者の日本は明らかに偏りすぎだ。
これが日本社会から多様性を奪っている。

日本社会の病理の殆どは、日本人が「臆病」であると言う事に起因する。
日本人の臆病さを理解せずして日本社会は理解できない。
日本人に対人恐怖症やひきこもりが多く、孤独な人間が多いのは臆病なせいだろう。
恐怖を感じない人間ほど戦争好きで犯罪者になりやすい。
日本の治安が良いのは民度が高いからではなく臆病だからだ。
天皇制がずっと続いて革命が起きなかったのも
日本人が行動力のないヘタレだからであって、支配者が有能だった訳じゃない。

臆病者ほど保守的になる。日本人が階級好きでお上に弱く、
弱者に対しては残酷なまでに冷淡なのも怖がりなせい。
オランダが世界一リベラルで先進的な国なら、
臆病な日本は世界一保守的で永遠に後進的な国だ。
これは日本人の遺伝子に問題がある為なので改善される事はないだろう。

【調査】「秋が来た」と感じる食材、3位「栗」、2位「松茸」、1位は?[13/10/04]

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/10/04(金) 14:52:37.91 ID:???

ドゥ・ハウス モラタメ事業部はこのほど、「食欲の秋」に関するWEBアンケートを実施、
結果を公表した。
同調査は9月4日、同社のインターネットリサーチサービス「myアンケートASP」を利用し、
全国の「モラタメ.net」会員のうち22歳~69歳の男女を対象に実施、1,008人から有効回答を
得た。

■「食欲の秋」を実感する人多数。秋になると食欲が増す人は80.1%
「秋になると食欲が増しますか」との質問には、「はい」と回答した人は80.1%となり、
「食欲の秋」との言葉を裏付ける結果となった。
グラフ no title


■秋は食べ物が一番おいしい季節だ、と思う人は78.6%
「秋になって夏より体重が増えたことがある人」は66.5%に達した。
また、食欲の秋といわれるだけあって、「食べ物が一番おいしい季節」と感じている人は、
78.6%に上った。
気になる体重については、66.5%の人が「秋になって夏より体重が増えたことがある」と
回答した。「夏にダイエットに成功しても秋にリバウンドする」、
「いつも太ってしまうことしか思い出せない。でも、太るほど食べ物がおいしい」といった
コメントも寄せられた。

■「秋が来た」と感じる食材は、1位「さんま」、2位「松茸」、3位「栗」
見たり食べたりすると「秋が来た」と感じる食材について聞いたところ、1位「さんま」(31.4%)、
2位、「松茸」(24.8%)、3位「栗」(17.6%)となった。
この季節にしか手に入らない高級食材「松茸」は、秋を感じさせる食べ物として多くの人に
認知されているようだ。
グラフ no title


続いて、「秋になると食べたくなるもの」については、1位は「さんま」(67.9%)で、
半数以上の人が支持した。2位は「栗」(49.9%)。3位は「梨」(47.4%)という結果となった。
表 no title


「秋になると必ず食べる(または作る)料理」は、「さんまの塩焼き」(73.7%)が、
2位に2倍以上の差をつけて1位に輝いた。
2位は「栗ごはん」(33.2%)、3位は「秋鮭の塩焼き」(22.5%)と、いずれも秋の食卓の
定番メニューがランクイン。4位には「松茸以外のきのこごはん」(22.0%)が入っている。
表 http://news.mynavi.jp/news/2013/10/04/169/images/004l.gif

「秋を感じる」「秋になると食べたくなる」「必ず食べる(または作る)」の項目すべてにおいて、
「さんま」が堂々の1位を獲得した。
栄養価も高く、調理方法が比較的簡単で短時間でできるところ、また、手ごろな価格で
入手しやすいところが支持を得たのかもしれないと同社では分析している。

ソースは
http://news.mynavi.jp/news/2013/10/04/169/index.html


NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。