スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【画像】 女性専用車両wwwwwwwwwwwwww アパルトヘイトかよ…

1: スパイダージャーマン(岡山県) 2013/11/26(火) 09:35:10.49 ID:klFgVHQy0 BE:2615841656-PLT(12030) ポイント特典
アパルトヘイト時代の南アフリカの画像である
no title


https://twitter.com/taku8_zip/status/404837465778712576

スポンサーサイト

【毎日新聞】 50歳前後のアラフィフ女性が若い男性にモテモテ

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/25(月) 16:10:21.59 ID:???0
50歳前後のアラフィフ(アラウンドフィフティー)世代の女性が何かと元気なご様子だ。
女性誌をめくれば「アラフィフはモテる!」といった特集が目を引き、この世代をターゲットにした月刊誌も現れた。

男に積極的な肉食女子も珍しくないと聞くけれど、ホントにイケてるの?

「×月×日 きょうは○○君がおみそ汁を作れるようになった!」「○○君がお洗濯を上手にできるようになりました!」。
まるで夏休みの観察日記のように、恋人の年下男性との日々を日記につづるアラフィフ女性がいる。

「こと細かに『今日は○○君がこんなことできた!』とつづっているんです。『育成女子』とでも申しましょうか」と言うのは
「草食系男子」などの新語を広めたマーケティングライター、牛窪恵さん(45)だ。

アラフィフ女性の消費動向を分析した新著「『バブル女』という日本の資産」を12月に出す。

日記をつけていたのは取材で会った女性の一人。「経済力のあるアラフィフ女性が母性本能をくすぐられる若い男性と付き合うのは、
育てる、成長させる楽しみがあるから。日記は極端な例ですが、こんなカップルが最近は珍しくありません」

熱視線を送るのは年下クンだけではないようだ。女性誌「婦人公論」の10月7日号では「同窓会で数名の男性から告白された。
元恋人からはホテルに誘われて」(53歳、会社員)、「50歳を過ぎて男性に声をかけられることが増えた」(53歳、自営業)など、モテる女性たちの声を特集。

「人生経験が豊富で会話も気配りも上手」といった自己分析も紹介していた。

「アラフィフの女性たちが注目されるのは、女らしい魅力、『女子力』の高い人がとても多いから。それには育った時代が大きく関係しているんです」。
10月に創刊されたばかりのアラフィフ向け女性誌「GOLD」(世界文化社)編集長、内山しのぶさん(50)は語る。
http://mainichi.jp/select/news/20131125mog00m040004000c.html
>>2

【日中】「平和ボケ」ってなに?日本の学生の発言に来日中国人が驚き…「平和」と「ボケ」を組み合わせるのは世界でも日本人ぐらい

1: ハンナ・もろきみ・アーレントφ ★ 2013/11/25(月) 08:54:16.66 ID:???0

 在日華人向け中国語紙「日本新華僑報」の電子版は、中国・信孚教育集団の信力建董事長や作家の楊恒均氏らの一行が先ごろ
訪日し、日本の大学生らと交流した際、日本人学生が「今の日本人は平和ボケしている」と発言したことに驚いたというエピソードを
紹介した。

 楊氏は「平和ボケ」という表現に心底驚き、「なぜ日本の学生はこのようなことを言うのか」と不思議に思ったという。

 この記事の筆者は楊氏に対して、「日本は平和すぎて日本人だけでなく、長く住んでいる外国人も平和ボケしてしまっている」と
説明した。筆者は「平和」と「ボケ」と言う言葉を組み合わせるのは世界でも日本人ぐらいだろうと分析。「平和ボケ」は「すし」や
「歌舞伎」と同様に、日本に特徴的なものだと説明した。

 自転車に鍵をかけないでコンビニエンスストアの外に置いておいても盗まれない。しかしこの国では平和ボケした人々を利用しようと
する「賢い人」もおり、詐欺が横行しているため、マスコミなどが注意を呼びかけるようになった。

ソース(新華社) http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/366615/
写真 no title


夫「じゃあ、迎えにいってあげるよ」→妻「はあ?迎えにいって“あげる”?」…世の男性はあまりに知らなすぎ!女性の生理

1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/25(月) 11:06:57.51 ID:???i
★1の立った時間2013/11/25(月) 07:35:56.88

ソース(NEWSポストセブン) http://www.news-postseven.com/archives/20131125_228593.html

 10月21日放送のNHK『あさイチ』のテーマは、「激白! 誰にも言えない“私の生理”」。これが大反響を呼び、視聴者から1500通を
超えるファックスやメールが届いたという。番組開始早々のVTRは、女性たちのこんなやりとりで始まった。

 「恥ずかしいっていうイメージがついて、あんまり話したことはないですね」

 「いわゆる陰部と言われる部分じゃないですか」

 「生理=穢れっていうか」

 あまりの反響の大きさに、11月6日には急遽、第二弾が放送されたほどだ。

 「第二弾も、すでに約500件の反響をいただきました。これまで人に言えなかったご自身の実体験に基づく悩みについてがほとんど
でした。また番組を見て、ご自身の生理が正常かどうかを初めて考えるきっかけとなったということで、ご自身の状態について確認する
ご質問も多数いただきました」(NHK広報局)

 確かに、女性同士でも生理の話は一種のタブーなようで、番組で紹介された生理の症状の個人差に女性たちは驚いたようだ。

 例えば、生理時の出血の量も個人差が大きく、生理期間に使うナプキンの量は、冒頭の3人の間でも「昼用タイプだけで15枚」から
「昼用26個、夜用16個」までと大きな差があった。

>>2以降に続く)
前スレ
【夫婦】夫「じゃあ、迎えにいってあげるよ」→妻「はあ?迎えにいって“あげる”?」…世の男性はあまりに知らなすぎ!女性の生理
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385332556/

世界の食通に「日本茶」が大人気 スタバも販売に本腰

title_japanesetea.jpg
1: スリーパーホールド(東京都) 2013/11/24(日) 21:05:50.44 ID:XrmlfsuX0 BE:2580540285-PLT(12000) ポイント特典
さて、今週の本コラムは久々の“食もエンターテインメント”のお話です。
お寿司、テリヤキ、ラーメン、うどんと、日本食が世界を席巻していることはみなさんよくご存じだと思いますが、
いま、世界の食通の間で“日本茶”が大きな人気を集め始めているというのです。

海外で日本茶といえば“グリーンティー”として知られていますが、何と最近は“Sencha(煎茶)”“Gyokuro(玉露)”と
いった言葉まで浸透しつつあるといいます。そうした日本のお茶文化を日々、世界に広めようと奮闘しているのが
京都の老舗、一保堂茶舗(京都市中京区)です。(略)

・甘い炭酸飲料でメタボ…茶の健康に世界注目
お話を聞く限り、海外でも嗜好(しこう)品として扱われているような感じでしょうか。
「日本茶のおいしさを理解する人が増えてきたのかもしれません」(尾崎さん)

確かに、欧米で日本茶が注目される理由はよく分かります。旅行や出張で欧米に出かけたことがあるみなさんなら
よくおわかりだとは思いますが、当地のジュースといった清涼飲料の甘さは半端ではありません。
毎日飲んでいたら、太るどころか糖尿病間違いなし。近年の日本食ブームと同じで、ヘルシーな日本茶に注目が集まるのは当然でしょう。

とはいえ記者はその昔、米国のスーパーで瓶入りの薄い緑色のお茶(商品名もグリーンティーだった!)を発見したので
飲んでみたら、思いっきり砂糖が入っていて衝撃を受けた記憶があります。
そんな“甘い物大好き民族”ですから、日本茶に砂糖を入れようとする輩がいても、不思議ではありません。

というわけで、近年のヘルシー志向を受け、海外で拡大する日本茶市場をにらむとともに、日本茶本来のおいしさなどを
海外に広める意味から海外出店を決めたといいます。(略)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131124/wec13112412010002-n1.htm

NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。