スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【話題】 ネットで愛国的な発言をし、デモや集会に参加する・・・右傾化する女性が増加 「日本を護る “楯” になりたい」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/27(水) 12:23:28.11 ID:???0
自分に国を慕う気持ちがないかというとそうではない。
なのに「愛国」という言葉を耳にすると、どこか不穏な印象を受けてしまう。なぜだろう。

新刊『女子と愛国』(佐波優子/祥伝社)は、靖国参拝や予備自衛官補志願、
デモ行進など、愛国活動に勤しむ“右傾化”する女性たちを取材したルポタージュだ。

右傾化とは、政治上の思想信条が右翼的な方に傾くことを指す。そこに登場するのは、学生やOL、主婦といった
いわゆる“普通の女子”たち。彼女たちはネットで愛国的な発言をし、デモや集会に参加する。

これまでの愛国活動といえば、日の丸を掲げ、軍歌を流しながら戦闘服姿で街宣車を運転する体格のよい男性という印象が強かった。
それが近年、活動はリアルからネットへ、街宣車からデモへと移りつつあり、中でも女性の増加は著しい。

戦争を知らない10代から30代の女性たちが声を上げはじめたきっかけは一体なんだったのか。

「他国を攻める“矛”ではなく日本を護る“楯”になりたい」と本書の中で戦後問題ジャーナリストの佐波優子氏はその真意を綴っている。
家族や恋人など身近な大切な人を守りたい。自分たちを守るために戦死した兵士を弔いたい。そういった「楯」の思いから活動を始める女性は多い。

反面、どんな活動にも過激派と穏健派が存在するように、「殺せ」「排除」などと書いたプラカードを持って行進する人々の姿は、
どう見ても「矛」のように思える。その現象を彼女はどう捉えているのだろう。佐波氏本人に直接聞いてみた。

「国を思う気持ちはさまざまなので、いろいろな表現方法が出てくるのかと思っています。
うっぷん晴らしなどで激しい言葉を吐いているのではなく、その人なりの危機感や現状を変えたい気持ちがあってのことなのかな、という印象を受けました」

右傾化する女性たちの中には、「男性の草食化」などと取りざたされる現代において、亡くなった兵士たちの影に“強い男性像”への憧れを抱いている人もいるのではないか。
そう問うと「憧れとはまた違う気持ちでは」と佐波氏は説明する。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131127-00003238-davinci-ent
>>2

スポンサーサイト

【国際】 中国メディア 「韓流が日本から完全消滅するのは時間の問題」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/27(水) 10:24:53.84 ID:???0
2013年11月25日、捜狐娯楽は、今年のNHK紅白歌合戦にK―POPアーティストの出場がゼロであったことを受けて、
「韓流ブームは終えんを告げた」と指摘した。

今年の紅白は昨年同様、韓国人アーティストは全滅だった。日本のK―POPブームをけん引してきた女性ユニットのKARAは、
24日の神戸での最終コンサートが、メンバー5人の日本での最後のステージとなった。

「韓流」歌手の紅白全滅とKARAの事実上の解散は、韓流ブームの日本での終えんを意味している。

K―POP全盛期の2011年の紅白歌合戦では、KARAや少女時代、東方神起が出場し、話題になった。
だが、昨年は日本で着実に人気を獲得してきた東方神起でさえ落選し、韓国勢は全滅。

2年続けてK―POPが選ばれなかった理由について、日本国内の反韓感情が高まっていることや、
「絶対に紅白に出たい」という気持ちが韓国人歌手を抱えるプロダクション側にないことが挙げられる。

音楽業界関係者は、「日韓関係の悪化により、韓国人アーティストが新曲をリリースしても、
メディア上で大々的に宣伝することが出来ない状況にある。

この状況が続けば、レコード会社はK―POP市場から手を引かざるをえない。韓流が日本から完全消滅するのは時間の問題だ。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=79687

【サッカー/ブラジルW杯】お尻がむずがゆいような感覚に襲われる…「日本が入ると“死の組”」の強豪国評価(日刊ゲンダイ)

1: 大梃子φ ★ 2013/11/27(水) 11:03:40.23 ID:???0
 あまりにも過分なお褒めをいただき、お尻がむずがゆいような感覚に襲われ、
どうにもこうにも落ち着かない――。これが日本のサッカー関係者の偽らざる本音だろう。
 W杯出場32カ国が決まり、来月6日に開催地ブラジルで1次リーグの組み合わせ抽選会
(日本時間7日午前1時開始)が行われる。そこで「日本の入った組が《死の組》と呼ばれる」
と強豪国のサッカー関係者が口をそろえる。日本は強豪国のひとつに数えられている
というワケなのだ。
 抽選方法は「開催国ブラジルと世界ランク上位7カ国」が第1ポットに入り、
「アジアと北中米カリブ海の各4カ国」が第2ポットに、「アフリカ5カ国に南米2カ国」が
第3ポットに、そして「欧州」が第4ポットに入る。注目は「世界ランク欧州最下位」の
フランスだ。第3ポットに入ることが想定され、そうなると第1ポット・ブラジル、
第3ポット・フランス、第4ポット・イタリアのW杯優勝国が呉越同舟の可能性も出てくる。
「残りの第2ポットからアジアの韓国、北中米カリブ海の米国やメキシコといった実力国が
入ることで《死の組》と呼ばれるのが常だった。ところが、欧州・南米トップ国が
日本を手ごわいと高評価。日本の入った組が《死の組と呼ばれるだろう》と話している」
(サッカー記者)
 確かに日本は先の欧州遠征で前回W杯準優勝のオランダ相手に互角の戦いを演じ、
0―2からドローに持ち込む粘りを見せた。続くベルギー戦では3―2の完勝劇。
W杯本大会の台風の目と言われているベルギーを叩きのめした。要警戒国の仲間入り
くらいは果たしたと言ってもいいだろう。
 しかし、である。10月にはセルビア、ベラルーシとW杯欧州予選敗退国相手に
連続完封負けを喫し、6月のコンフェデ杯も3連敗で開催地ブラジルから
スゴスゴと背中を丸めて帰国した。まだまだ世界の列強と肩を並べているとは
決して言い切れないのだ。
 それなのに「日本が入ると死の組」と持ち上げてくれる。うれしくないワケではないが、
やはり妙に落ち着かなくてモゾモゾとしてしまう――。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131127-00000016-nkgendai-socc
16日のオランダ戦の失点シーン
no title

【社会】婚活中の30代後半女性、9割が「年齢よりも見た目は若い」と自覚[11/27]

i1_108_婚活8

1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/11/27(水) 10:37:09.78 ID:???0
総合婚活サービス企業のIBJは、運営するネット婚活サービスを利用する20~40代の未婚男女の登録データから
「実年齢と見た目年齢のギャップ調査」を行い結果を発表した。
調査日は11月11日、調査対象人数は男性7,691名、女性7,603名、合計15,294名。

調査では、同社の婚活サービス「ブライダルネット」における「実年齢」と「見た目年齢」の登録データから、
「実年齢より年上」「実年齢と同じ」「実年齢より若い」の分布を性別・年齢ごとに分析した。

これによると、見た目年齢は、男女ともに30代後半から「実年齢よりも若い」と思う人数が急増する傾向が見られた。
特に30代後半の女性は、おおむね10人に9人が見た目年齢を実年齢より若いと認識していることがわかった。

20代前半~30代前半の男性と、20代前半~20代後半の女性は、
過半数が「見た目年齢」を「実年齢と同じ」と認識しているが、
男性は30代後半から、女性は30代前半から、過半数が「見た目年齢」が「実年齢より若い」と認識する傾向が見て取れた。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/20/046/

【画像】 女性専用車両wwwwwwwwwwwwww アパルトヘイトかよ…

1: スパイダージャーマン(岡山県) 2013/11/26(火) 09:35:10.49 ID:klFgVHQy0 BE:2615841656-PLT(12030) ポイント特典
アパルトヘイト時代の南アフリカの画像である
no title


https://twitter.com/taku8_zip/status/404837465778712576

NEXT≫
お勧め記事
最新記事
お勧め記事
カテゴリ
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。